ビザスクでアプリ数百万ダウンロードの経験者から企画と企画を決めるノウハウを学んできた


開発中のアプリのコンサルを受けてきました

ビザスクというサービスを利用したところ、アプリを数百万ダウンロードのプロデューサー・ディレクター、ECで月商億以上の運用経験のある方からコンサルを受けることができました。

特に紹介、PUSH通知を用いたコンバージョンアップは経験者が一番よく知っていると思うんですよね。

結果、40,000円+3時間の時間だけで、様々な成功体験からコンバージョンが生まれそうなアイデア、無駄な機能開発の削減ができたと思います。

いきなり応募がモリモリくる

軽い気持ちで応募を出しましたが、ゲームやらない僕でも知ってるタイトルのプロデュサー・ディレクター、スタートアップからSIerまで経験したプランナーの方、他にも製菓系のネーミングで賞を多数受賞した方などすごい顔ぶれでした。

ミートアップ何回出てもこういう方に出会うことは少ないので、サーチコストが非常に安く済んだなーとこの時点で思いました。

では、後は効果はいかほどだったのか、どのようなものだったのか3人とお話しした感想をまとめます。

1人目:とあるスタートアップのプランナー

今回のアプリはECではないですがコマース要素があったのでEC+アプリが両方できそうな方とお会いさせていただく事にしました。

最新の紹介施策、PUSH通知の回数、強化するポイント、もっとユーザーへのハードルを下げるやり方等が聞けたため、この機能開発でコンバージョンアップが見込めたかなと思います。

2人目:とある大手ITのけっこう偉い人(後から知りました・・・)

コンテンツや機能のアイデアをたくさんもらえそうというのと、今回のアプリに搭載する機能のマネージャーをやられていたこともありお会いしました。

シェア・紹介ってこういう心理でやるんだなーとわかり、当日5個くらいの施策をもらい、自分でも施策を5個ほど思いつく結果に。激安。

3人目:とある大手ゲームプロデューサー

ゲームをやらない僕でも知ってるゲームプロデューサーの方には施策だけでなく、もう少し上流のことも聞きたいなーとふわっとした思いつきでお会いさせて頂きました

事前に情報を共有させて頂いたこともあり、当日は下記のようなことをお話ししました。

・今まで思いついた施策をやるべき、やらないべきの仕分け

・ログ集計のやり方について

・各種ツール(実際大手でも大したツールは使ってない)

・DL数の見積もり方

・ダウンロードしたユーザの属性を見極めるノウハウ

 

また、目から鱗なこともあったので、紹介します。

・ハードルが高くても使ってくれているのが本当のユーザで、彼らの顔が見えてから狙い澄ましたプロモーションを打つ(リリース時に下げ過ぎると意味がない)

・PUSH通知は相手が開く確証を持ったもののみ送る

・アプリの期待値を決め、期待値を時々上回るようにするランダム性

この方はとてもサービスが良すぎて、事前にLPやアプリの動画を質問していただき、メッセージで機能の評価をもらえました。これで15,000円は安すぎる・・・。

安いと思った理由:その1 機能削減アドバイス

機能は1個作れば軽いものでも200,000円以上はかかるので、一個機能いらないって言ってもらえるだけで200,000円浮きますよね。

あと、無駄な機能を作ると業務委託でさえエンジニアのモチベーションも下がりますし。

その2 新規企画がたくさん

企画はアプリを見て学べと言われることもありますが、アプリを見ててもどの要素が成功していて、何が成功していないかよく分からない。。。

でも、成功体験のある人の直感を使うと10秒とか1分で成功する要素を凝縮した企画が出てくる不思議な現象が。

サーチコストはどれだけ節約できるか、効果もどれだけあるかはちょっと計測不能な感じです。

正直15,000円はちょっと抵抗ありましたが、張り流す額としては最適かと考えました。

その3 哲学的・思考手順等のふわっとしたもの

哲学や思考手順が業務システムやブログとまったく違うことに驚き、なんというか自分のOSをアップグレードしてもらった感じです。これからは思考手順に迷いがすくなくなり、やるべきことを見失う確率が非常に少なくなるように思えます。

(なんかここ結構大事なところにも関わらず、ふわっとしてて申し訳ないのですが・・・)

スポットコンサルティングサービスは社員も経営者もWIN-WIN

社員はわからないことはわかる人に聞く、作業したくなければしたい人にやってもらい、自分のすべきことに集中できる感じへ。

経営的にもどんな社員もオフィスで息を吸って吐いてるだけで100万近くのお金がかかっているので、月10万で成果がブーストするのであれば費用対効果は非常に高いのではないでしょうか。

もし社員に来ていただくことがあれば、こういうサービスでしっかり企画を研ぎ澄まして成果をブーストできるようにしたいと思います。(給料の1/4〜半額くらいは経費で使えるとかにしたい等)

まとめ

彼らの成功体験からいくつのコンバージョンが生まれるかと思うと非常に楽しみです。

こうすればいい!こうしなければダメ!って決めてくれる人の存在って重要ですね。

アプリを数百万ダウンロードさせたいけどさせたことない、という人はビザスク本当にオススメです。

[sc:採用情報へのリンク]
カテゴリー: 起業全般   作成者: 星野 善彦 パーマリンク

星野 善彦 の紹介

node.js / Objective-Cにて、アトサクという検索管理サービスを作っています。 本ブログでは、トラブルシューティングとともに、参考になるキーワードを紹介します。 もし、気になるキーワードがあれば、アトサクに追加して頂ければ幸いです。