Google Analyticsのノーリファラーの原因はiOSのGoogle検索



Google Analyticsの参照元が見つからないトラフィックの原因

Google Analyticsでdirect / none、あるいはノーリファラーが増えた時ってどうすればいいのか分からなくて困りますよね。様々な原因がありますが、一番大きな原因はiOS6のgoogle検索の確率が高そうです。

原因の調べ方

実際、Safariで自分のブログを検索してGoogleAnalyticsのリアルタイムを見てみましょう。すると、普通だったら、参照元にGoogle、キーワードに検索キーワード、またはnot prividedと表示されますが、iOS6のSafariのGoogle検索ですと、何も表示されません。これが、direct / noneの正体のようです。

参考までに、他にノーリファラー(direct / none)になるパターンのご紹介

もし、上記の原因で無かった場合にご参考までに紹介します。

  • はてなブックマークをモバイルアプリから使っている場合
  • ランディングページにGoogle Analyticsのコードが抜け落ちている場合

参考URL

英語の記事ですが、参考にした記事はこちら

[sc:採用情報へのリンク]