Facebook、Quoraのユーザー獲得チームの秘密 まとめ 心構え編


本記事はFacebook Quoraユーザ獲得チームの秘密というセミナーのまとめ、続編です

前回はOpen Network Labというセミナーの具体的施策を重点的にまとめさせて頂きました。今回は、施策ではなく日々の心構えについて書きたいと思います。

ユーザ獲得に必要な心構えは「量」「最重要」「ときどきクレイジー」ということ

「量をこなす」「最重要なことをやる」、「でもたまにはクレイジー」を「繰り返す」ということだと言っていました。
一言で言うと「最重要なことを最速で」ということでしょうか。

量をこなせば勘が養われる。

 10個のうち、2-3個しか成功しないこともある。失敗も成功も勘を養う上で重要である。
 実際彼に見せてもらったチャートは、3ヶ月以上低空飛行を続けてその後徐々にユーザを獲得していったというチャートでした。
 最初は流出が止まらないかもしれませんが、とにかく粘り強くやっていこう。
 そのために、スピードが大事。
 スピードをつけるには、インパクトの次に重要なのが工数が低いものですぐに確かめられるもの、という施策をとることもある。

最重要なこととKPIの関係

 何が最重要なことか?を見極めることが大事という基本的なことを強調していました。
 例えば、最もトラフィック数のあるところから改善を行う、施策の中でも最も総アクティブユーザ数に結びつく事をやるということ。

 ここで重要なのがKPIの設定。
 facebookでは一人あたりのフレンド数を増やす事が総アクティブユーザ数につながるということを発見したようです。
 だから、そのような仕掛けがfacebook上ではてんこもりになっている。

 インパクトが大きいというのは、KPIのインパクトと僕は考えます。

でも、たまにはクレイジーに

 上記のようにロジカルに、最小限の労力で最大限の成果をというだけではなく、クレイジーな手法も20%入れるようにしている、とのことでした。
 Facebookで行ったロシアでの実験、
 「ロシア人の姓名を1000万個アップして、友人を検索してきた人の検索流入を増やす」というもの。
 人の名前をネットに勝手にアップする、というのは大半の国で倫理的に問題があるようだったので、普通にクレイジーですよね。
 しかし、数千万人のユーザを集める大ヒットの施策だったようです。
 

僕自身彼がなぜ、この手法にいきついたのか?を考えてみた

 彼流の施策選択の方法としては、「賢い人を集めてMTGする」というものでした。
 MTGの中では数百のアイデアが出て、「インパクトが高い、工数が現実的」なものを選ぶことで収束させるようです。

 意外に何が有用かは勘で出し合い、決めるときはロジカルに、といった印象です。
 
 僕の見解としては、彼自身データのアプローチを好むのも一度アイデアだけ出過ぎて収集が突かない状況におちいったのではないでしょうか。
 だから、データを武器・盾にして最重要なものを順位付けするという暗黙のルールを作ることで、チームの収拾がつく、
 というアプローチをとっているように思えます。

参考になるまとめ様

■イベント本家のページ
http://onlabandrewjohns.peatix.com/
■ほかのまとめ様の方々
https://twitter.com/#!/search/%23on_lab
http://blog.takejune.com/archives/52288735.html

[sc:採用情報へのリンク]